FC2ブログ

    公募展「杖の先の煌めき」行ってきました!

    杖の先の煌めき

    どうもファンタジー大好きがんだまんです。

    9/18~30日まで大阪の「ぎゃらりぃあと」さんというギャラリーで開催されている「杖の先の煌めき」という公募展に行って来ました!

    コミックアート特化の貸しギャラリーらしく、様々な公募展をされているそうです


    今回は『魔法』をテーマとした展示会で、総勢35名の方が参加されていました!



    自分の狙いはもちろん、大好きな【さかなのマーチ】というサークルの、犬飼さんのイラストです!

    犬飼さんのイラストはもう5、6年前程前のコミケ(コミティアだったかな?)で見かけた同人誌から一目惚れで、それからずっと追いかけているサークルさんの1つです。
    個人的な好みとしては『魔女病シリーズ全般』『色さがしの絵本』『アクアリウムの妖精』ですね

    実家に大半を置いてきてしまっているので記憶が曖昧ですねこれは…

    コミティアでは前も言った気がするけど、【さかなのマーチ】さんと【一八番操車場】さんのチェックは欠かせません。


    場所は大阪の中崎町駅近く。外観は一見民家にも見間違いそうな場所でした(写真撮り忘れた…)
    実際そんな感じなのかな? 古民家カフェ的な

    杖の先の煌めき展_190930_0001

    一歩入るとそこは立派な画廊。壁にぐるりとイラストが展示してあり、真ん中にはポスカや同人誌など、グッズが置いてあるという感じです。
    グッズは勿論、展示されているイラストも一部を除いて購入することができ、展示会終了後に受けとることができます。

    杖の先の煌めき展_190930_0004

    古民家特有の階段

    杖の先の煌めき展_190930_0003


    犬飼さんの展示。 『かわいい』(様々な言葉が集約・混濁し、濾して最後に残った言葉)

    自分は丁度この一番大きな原画の作品『水深30kmのティータイム』で犬飼さんの絵に惚れたので、こうしてこんなに大きな生原画を見るのは初めてで、感無量でした。

    いや、ホンマに好きすぎて語彙力が全く追い付かないんだが…

    この優しいタッチに重いテーマだったりするんですけど、そこも合わせて好きなんですよね… 

    ちなみに真ん中に同人誌とかポストカードが置いてありました。今回で気になった人がすぐ本を買えるっていうのは良いですね

    オリジナルジャンルの同人誌は中々手に入りづらいですからね…ZINとかデカいメロブとかに行かないと…

    ZINのセンス好きだから関西にも作って♡

    犬飼さんのイラストを堪能したい方はからどうぞ

    杖の先の煌めき展_190930_0006

    オリジナルノートと通算3枚目のポストカード こういうの好きすぎて見るたび買ってしまいますね



    そして展示作品だったミニ原画の1つも購入させていただきました!
    自分は前述した通りこの作品から犬飼さんの作品にハマったので、是非お迎えしたかった一つです!
    残念ながら一番欲しかった原画が既に成約済み…! やっぱ初日に行くべきだったか…!(24日に行った)

    でも物凄く嬉しいです! 豆本と一緒に飾っておくか~と色々思索中。。。

    さて、今回の展示は実際のところ犬飼さん以外の方は知らなかったのですが、美麗なイラストに魅了され、非常に楽しい時間でした!

    杖の先の煌めき展_190930_0005
    2階の展示 2階には2部屋展示室があり、だいぶボリューミーです

    今回のテーマが「魔法」ということで、やはり魔女関連が多く、奇しくもコミティアの部活動の「魔女部」を思い出し、懐かしい気分になりました。

    あれもスタンプラリー(だっけ?)を回るのに合わせて好きなイラストを一杯見ることができて非常にすきでした。

    コミティアの部活動って復活したんです?(一旦休止になってたよね)

    あれはオリンピックが終わるまでなのかな?かな?

    最強はライブの遠征に金を使っている影響で、関東の同人誌即売会に行けてないんですよね… コミケとコミティア、歌姫庭園行きたかった(遠い目)

    今年はユッコの天井もあってこのザマですよ 馬車馬のように働け



    あと今回面白かったのは、額縁です。その人達それぞれの作品ごとに違う額縁が使われていて(持ち込みだからね)、それだけで飽きません。

    絵師の方々もコンセプトごとに異なる額縁を使っていて、非常に面白かったです

    自分がそういう専門的な知識を持ってないせいで高度なことは言えないんですけどね~

    またこういう展覧会があったら是非行きたいですね
    スポンサーサイト



    0 Comments

    Post a comment